新着情報


>>新着情報一覧


nanbyonetをフォローしましょう


活動報告

ご寄付のお願い

会員申込

ネットワーク相談室からのお知らせ

情報誌『がんばれ!』

すこやか親子21

すこやか親子21
http://keirin.jp/

母子保健は生涯を通じた健康の出発点であり、次世代を安心して産み、ゆとりを持って育てるための基盤となるものです。『健やか親子21』は21世紀の母子保健の主要な取り組みを提示するビジョンであって、みんなで推進する国民運動計画です。


http://www.nanbyonet.or.jp/mb/

モバイルサイト
http://www.nanbyonet.or.jp/mb/

お手持ちの携帯電話で読み取っていただくか、上記URLへ直接アクセスしてください。


難病のこども支援全国ネットワーク

難病のこどもとその家族は、
重い障害やつらい治療に負けず今日も病気とたたかいつづけています。
なかには治療法がなく、同病の仲間もいない、そんなこどもたちもいます。
どんなに重い病気でも、どんな障害でもこどもは日々、成長・発達していきます。
だからこそ支えたい、力になりたいのです。
難病のこどもとその家族にとって、明日への希望と勇気になりたい。
それが私たちの活動です。

みんなのふるさと"夢"プロジェクト

難病のこども支援全国ネットワークでは、これまで20年にわたって全国各地でサマーキャンプ"がんばれ共和国"を開催してきました。普段は体験できない非日常の様々な経験、そして仲間との出会い、医療機関から全面的なサポートを受けながらのキャンプは、今ではみんなのふるさとと呼ばれるようになっています。 しかし、既存の施設をお借りしての開催には限界がありました。同宿の客への気遣い、食事等の接遇、バリアフリーなど設備面等々‥‥  山梨県北杜市白州町に3,000坪の土地の寄進を受けることになりました。八ヶ岳や甲斐駒ケ岳など雄大な自然に囲まれた風光明媚な場所に、病気や障害のある子どもと家族が、いつでも好きな時に訪れて自然を楽しむ"みんなのふるさと"を建国します。

aa
1.基本的な考え方
みんな一緒 みんながそれぞれの故郷として、いつでも集まれる場。
@ここは、みんなのふるさとだから、懐かしい場所であること。
Aここに来て、元気が湧いてくるような、そんなふるさと。
B親は子どもに帰れる。子どもはもっと子どもに帰れる。
C温かくて、優しくて、柔らかくて、力の抜けるふるさと。
生産体験 畑づくり、果樹園づくりなどを通じて農作物の生産を体験する場。
環境教育 自然と触れ合い、大地を実感できる場。
研修・交流 家族・関係者が研修したり体験したりする場。
安心と安全 医療のサポートを受けながら、数日間を過ごせる場。
※将来構想
レスパイト 家族だけであたたかく過ごせる場。
2.施設(太陽熱利用などエコシステムを導入する)
センター棟 事務所、食堂兼研修室、会議室、管理室、倉庫。
宿 泊 棟 40〜50名
研 修 棟 100名
風 呂 棟 男女別
中央広場 イベント広場
農   場 畑、果樹園、池。※植林体験。
駐 車 場 20台程度 ※将来構想
診 療 棟 クリニック(検査機器・薬局等)、入院施設、付き添い施設。

みんなのふるさと夢プロジェクトMAP

3.スケジュール
2011.7.16 「みんなのふるさと"夢"プロジェクト」発足会
2011.7〜 キャンペーンスタート。
2011.12〜 伐採、皮むき、乾燥、他。
2012.4〜 根抜き、チップ加工。整地開始、他。
2013.4〜 センター棟建設開始。以降、順次建設。
4.予算
初年度(2011) 400万円/樹木の伐採、皮むき、乾燥、他
2年目(2012) 600万円/根抜き、加工、整地、他
3年目(2013) 4000万円/センター棟建設(概算)、他
5.「みんなのふるさと"夢"プロジェクト」組織について
名 誉 会 長 小 林  登 (東京大学名誉教授・国立小児病院名誉院長)
会 長 小 林 信 秋(難病のこども支援全国ネットワーク 会長)
実行委員長 仁志田 博 司(東京女子医科大学名誉教授)
副実行委員長 後 藤 彰 子(神奈川県小児保健協会会長)
相談役 山 城 雄一郎(順天堂大学大学院医学研究科プロバイオティクス研究講座特任教授)
6.寄附のお願い

難病のこども支援全国ネットワークでは、「みんなのふるさと"夢"プロジェクト」の企画にご賛同いただきご支援をお願いしています。このご寄附につきましては、当会は認定NPO法人ですので税制の優遇措置を受けられます。

ご寄附用PDFはこちら
ダウンロード

お振込先 銀 行 名:みずほ銀行九段支店
口座番号:普通預金1951243
口 座 名:難病のこども支援全国ネットワーク
 
※お振込いただく場合は、お振込後、住所・氏名・連絡先を別途お知らせください。

難民のこども支援ネットワーク

〒113-0033 東京都文京区本郷1-15-4 文京尚学ビル
  TEL03-5840-5972 FAX03-5840-5974
  E-mail:ganbare@nanbyonet.or.jp
  URL http://www.nanbyonrt.or.jp

競輪補助事業完了のお知らせ

この度、競輪の補助金を受けて下記の事業を完了いたしました。
財団法人JKAをはじめとする関係者各位に厚く御礼申し上げます。

事業名 平成25年度こどもが幸せに暮らせる社会を作る活動補助事業
事業の内容 サマーキャンプ「がんばれ共和国」の開催
補助金額 3,750,000円
実施場所 神奈川、静岡、愛知、熊本、沖縄
完了年月日 平成25年8月25日
事業名 平成24年度こどもが幸せに暮らせる社会を作る活動補助事業
事業の内容 サマーキャンプ「がんばれ共和国」の開催
補助金額 5,300,000円
実施場所 神奈川、宮城、静岡、愛知、熊本
完了年月日 平成24年8月26日
事業名 平成23年度幸せに暮らせる福祉活動を作る活動
事業の内容 サマーキャンプ「がんばれ共和国」の開催
補助金額 5,827,000円
実施場所 北海道、神奈川、宮城、静岡、熊本
完了年月日 平成23年8月28日
事業名 平成22年度キャンプ開催による子供の健全育成補助事業
事業の内容 サマーキャンプ「がんばれ共和国」の開催
補助金額 6,231,000円
実施場所 北海道、神奈川、宮城、静岡、熊本
完了年月日 平成22年8月22日
事業名 平成21年度キャンプ開催による子供の健全育成補助事業
事業の内容 サマーキャンプ「がんばれ共和国」の開催
補助金額 6,231,000円
実施場所 北海道、神奈川、宮城、静岡、熊本
完了年月日 平成21年8月23日

特定非営利活動法人難病のこども支援全国ネットワーク
会長 小林 信秋

難病のこども支援全国ネットワーク